本文へジャンプ
ディック・アイク(CFJ)への過払い請求成功事例1

ディック・アイク(CFJ)との債務整理事例1

羽曳野市在住Sさんの事例

Sさんの弁護士への依頼内容
4社から約200万円の借金があり,とても払っていけないので,
破産を御願いしたい。

平成19年3月 弁護士が受任,介入通知を発送

当初,サラ金側の請求内容(千円未満切り捨て)(4社)
デイックこと(CFJ)   500,000円
合計        1,718,000円

各サラ金の取引期間
デイックこと(CFJ)   平成11年3月〜平成19年3月

解決内容(千円未満切り捨て)
デイックこと(CFJ)   訴訟提起    過払い金230,000円を取り立てる。

平成20年3月
結果,破産どころか,サラ金に払いすぎていた金銭を返還することができました。

依頼者からの手紙(原文ママ)
「前略
昨年3月にお願いいたしました件を全て解決していただきありがとう御座居いました。
それに過払い金まで取り返して下さって本当にありがとう御座居ました。
(中略)
感謝の気持ちでいっぱいです
これから先は二度と借金しない事を肝にめいじます
(中略)
佐野先生様
                             (依頼者名)」




大阪市北区天神橋二丁目5番25号 若杉グランドビル7階
南森町佐野法律特許事務所(商標登録済み)
TEL: 06(6136)1020 FAX: 06(6136)1021
※JR東西線  大阪天満宮3番出口 徒歩1分
(地下鉄谷町線・堺筋線 南森町から、4a出口より、まずJR連絡口へ)
※当ビル内に立体駐車場(有料:200円/30分)はございますが、
車体制限(高さ1.55M、幅1.75M,長さ5.05m)に、ご注意ください。
  • 破産とは

    財産をすべて失うこと。
    債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること。

  • 介入通知とは

    以後の債権者の取り立て行為の停止や取引内容の開示を要求する旨が書かれた書類