本文へジャンプ
CFJの答弁書
CFJに対する原告第1準備書面
CFJに対する原告準備書面(平成23年12月26日) 
活動方針 消費者金融・カード会社毎に対応


トップページ > 活動方針
活動方針

消費者金融(サラ金)及びカード会社毎の対応方法と成功事例を紹介します。
消費者金融(サラ金)及びカード会社は,それぞれ対応が異なります。この差異が分かれば,対応の違いに右往左往することはありません。
このサイトは,次の消費者金融に対応しています。
1 ディック・アイク(CFJ)
2 アコム
3 アイフル
4 ディック(CFJ)
5 レイク(旧GE,新生)
6 UFJニコス
これ以外にも多くの事例を大阪の弁護士は,経験してきました。
これからも,消費者金融の数を増やして,事例を多く紹介していきたいと思います。
ご期待下さい。
借金問題を解決して,明るい明日を迎えましょう。

連絡先は,電話 06−6136−1020へ


イメージ



ワンポイント判例
@不当利得の成立するためには、他人の損失と受益者の受益とは直接の因果関係があることを要し、両者の間に中間の事実が介在し他人の損失がそれに起因するときはこれに該当しない。
A乙が甲に偽造の証書を差し入れて金を借り丙の債務を弁済した場合には、丙の受益と甲の損失との間に乙の独立な行為が介在して直接の因果関係がないから、不当利得返還請求権は生じない。(大判大8・10・20民録25-1890)

   

Copyright © 2010- 佐野隆久 All Rights Reserved.