本文へジャンプ
CFJの答弁書
CFJに対する原告第1準備書面
CFJに対する原告準備書面(平成23年12月26日) 
CFJ(ディック・アイク)への過払い請求成功事例5



トップページ > 大阪府大阪市平野区在住Sさんの事例
CFJ(ディック・アイク)との債務整理事例5

大阪府大阪市平野区在住Sさんの事例

Sさんの弁護士への依頼内容
長年に亘って,サラ金1社と取引がある。
いくら払っても,減らない。
任意整理を御願いしたい。
なお,完済したサラ金が2社ある。

平成19年4月 弁護士が受任,介入通知を発送

当初,サラ金側の請求内容(千円未満切り捨て)(3社)
ディック CFJ      1,629,000円

サラ金の取引期間
ディック CFJ      平成2年4月〜平成19年4月

解決内容(千円未満切り捨て)
ディック CFJ      訴訟提起後和解,過払い金 1,500,000円取り立て

平成20年3月
結果,大阪府大阪市平野区在住の依頼者Sさんに対して,
サラ金に払い過ぎていた金銭を返還することができました。






ワンポイント判例
利息制限法所定の制限を超える利息が、貸金業の規制等に関する法律43条1項によって有効な弁済とみなされるためには、右の支払いが貸金業者への払込みによってなされたときでも、払込みを受けたことを確認した都度、直ちに同法18条1項に規定する受取証書を債務者に交付しなければ、有効な利息の債務の弁済とはみなされない。(最判平11・1・21民集53-1-98)


   

Copyright © 2010- 佐野隆久 All Rights Reserved.