本文へジャンプ
CFJの答弁書
CFJに対する原告第1準備書面
CFJに対する原告準備書面(平成23年12月26日) 
トップページ > 大阪府羽曳野市在住Sさんの事例
CFJ(ディック,アイク)への過払い請求成功事例2
CFJ(ディック,アイク)との債務整理事例2

大阪府羽曳野市在住Sさんの事例

Sさんの弁護士への依頼内容
長年に亘って,サラ金4社と取引がある。
毎月17万円を払っても,減らない。残額は,約130万円である。
払っていきたいが,残額が減らない。
減額交渉を御願いしたい。毎月5万円までなら支払い可能である。

平成18年11月 弁護士が受任,介入通知を発送
方針,残債務を分割で支払う。

当初,サラ金側の請求内容(千円未満切り捨て)(4社)
ディック CFJ          160,000円

サラ金との取引期間
ディック CFJ       平成18年5月〜平成18年11月

解決内容(千円未満切り捨て)
ディック CFJ        150,000円支払う事で和解
                毎月 6,000円 25回払い
平成19年5月
結果,大阪府羽曳野市在住の依頼者Sさんの希望どおり,以後の利息を付加せず,
元金のみ返済する解決をする事ができました。



ワンポイント判例
利息制限法所定の制限を超える利息・損害金を任意に支払った場合において、制限超過部分の元本充当により計算上元本が完済となったときは、債務者はその後に債務の不存在を知らないで支払った金額につき返還を請求することができる。(最大判昭43・11・13民集22-12-2526)

   

Copyright © 2010- 佐野隆久 All Rights Reserved.