大阪の弁護士が消費者金融アコムに対する

過払い請求の成功事例を紹介するサイト

本文へジャンプ
本文へジャンプ
アコムへの過払い請求の対応



アコムへの過払い請求の対応の特徴
取引履歴の開示 比較的早い時期に取引履歴を開示します。
しかし,最近開示の時期が遅れ気味です。
利息制限法所定への引き直し計算 当方で行う必要があります。
訴訟提起前の対応 アコムは,多くの場合,訴訟前の和解に応じます。
ただ,過払金が余りにも多額の場合(例 1000万円を超えるような場合)には,訴訟前の和解には応じてくれません。
担当者の話だと,1000万円を超える支払いについては,担当者には,コンピューターの端末をたたけないようになっているとのことでした。
訴訟提起後の対応 弁護士を代理人につけることは,まずしません。
訴訟前に殆どの場合和解します。
ただ,前記のように,過払金が多額である場合には,弁護士を付けて争ってきます。但し,強い争い方をするものではなく,比較的早い時期に結審し,判決が言い渡されます。
控訴することも内容です。
第1審判決が出た段階で,振込口座の確認があり,判決内容どおりの金額を振り込んできます。
現在のところ,アコムに対しては,訴訟提起前に和解が成立しています。
過払金を取り立てるために強制執行まで必要か。 執行までしなくても,支払ってくれます。

アコムに対する過払い請求では,ほぼ,訴訟提起前に和解に応じてくれます。
大阪の弁護士の感覚では,アコムが最も紳士的な対応をしてくれる消費者金融だと感じています。





単語の説明
  • 和解とは
     当事者が互いに譲歩して、その間にある争いをやめることを約する契約。
  • 訴訟提起とは
     訴訟を持ち出すこと
  • 代理人とは
     代理をすることが出来る法律上の地位又は資格を有する人。
  • 結審とは
     訴訟の審理を終えること。最終弁論の終了。