大阪の弁護士が債務整理・過払い請求について分かりやすく説明します

過払い請求と債務整理について説明するサイト
債務整理・過払い請求のご相談は06-6136-1020まで
〈大阪府大阪市淀川区の弁護士が行う債務整理事例〉

大阪府大阪市淀川区在住Kさん家族の事例

Kさんの弁護士への依頼内容
Kさんは,サラ金等8社から借入金があり,総額約342万円の借金となっている。
住宅ローンがあり,2,324万円の借入金となっている。
住宅を手放すわけにはいかないので,民事再生を御願いしたい。

平成18年12月 弁護士が受任,介入通知を発送

当初,サラ金側の請求内容(千円未満切り捨て)
K1
住宅ローン     23,240,000円
三井住友カード     274,000円
三井住友カード       9,000円
三井住友カード   1,024,000円
三井住友カード      27,000円
三井住友カード     178,000円
イオンクレジットサービス 494,000円
イオンクレジットサービス  42,000円
クレディセゾン    311,000円
ジェーシービー   298,000円
大丸クレジットサービス 188,000円
アプラス         81,000円
プロミス         495,000円
住宅を除く債務額 総額約3,427,000円

各サラ金の取引期間など
省略

平成19年2月 Kについて,小規模個人再生手続開始決定
民事再生計画による弁済計画(支払い総額のみ表示,1千円未満切り捨てで表示)
住宅ローン     23,240,000円
三井住友カード     448,000円
イオンクレジットサービス 153,000円
クレディセゾン        89,000円
ジェーシービー       85,000円
大丸クレジットサービス  57,000円
アプラス           23,000円
プロミス           142,000円
住宅ローンを除く債務額 総額約1,000,000円
じゅうたくローンを除居て,月額83,000円を弁済。
元の債権の28.68%を弁済。
住宅ローンは,減額なし。


平成19年5月
Kさんの希望どおり,再生計画が認可されました。

本件は,Kさんに,収入があり,弁済が可能であったこと
住宅を絶対に守りたいという強い意思があったからこそ,できた事案でした。

	

関西地方の対応可能地域、過払い請求の訴訟を提起する裁判所について説明
大阪府京都府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 | 滋賀県

Copyright © 2008- 佐野隆久 All Rights Reserved.